施設サービス

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームとは?
日常的に介護を必要とする寝たきりの方、認知症の高齢者の方などに
安心して暮らしていただけるよう施設サービスを充実させております。

①要介護3以上の方(要介護1・2の方も特例あり)
②日常生活において常時介護を必要とする方
③家庭において充分な介護を受けることが困難な方
が安心して生活できるように、お手伝いさせて頂きます。


※要介護認定とは?
介護保険法では、

・寝たきりや認知症で常時介護を必要とする状態(要介護状態)になった場合
・家事や身支度等の日常生活に支援を必要とする状態(要支援状態)になった場合
に申請をし、認定を受けることで介護サービスを受けることができます。


要介護状態区分には、要支援1から最も重度の要介護5まで、7段階の介護区分が設けられています。
詳しい手続きの方法などは、居宅介護支援事業所のページや飯塚市のホームページをご覧下さい。

施設のご紹介

ユニット型(個別ケア)
ユニット型(個別ケア)

入居者一人一人の尊厳を重視し、個人の自律を尊重するため 施設の居室を1ユニット10人以下のグループに分けてそれぞれを 1つの生活単位とし、少人数の家庭的な雰囲気の中でケアを行うものです。


食事や入浴、施設内の行事などの日常生活はこのユニットごとに 行います。

詳しくはこちら
ユニット型(集団ケア)
従来型(集団ケア)

多床室での生活が中心になりますが、こちらでも20名ほどの
グループに分かれて生活していただいております。
介護の内容は大きく変わりませんが、ユニット型に比べて
生活単位が大きいのが特徴です。

詳しくはこちら